[PR]

 政府は30日、地球温暖化対策推進本部(本部長・菅義偉首相)を開き、2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロの実現に向けて政府一丸となって取り組む方針を決めた。今後は成長戦略会議や新たに創設する国と地方の検討の場で議論を重ねていくという。

 菅首相は「50年実質ゼロ」の実現に向けて、梶山弘志経済産業相にエネルギー産業分野の変革を、小泉進次郎環境相に地域の創造や国民のライフスタイルの転換を進めるよう指示。その他の閣僚にもそれぞれの所掌分野の排出削減策などを検討するよう求めた。

 さらに来年予定されている地球温暖化対策計画やエネルギー基本計画などの見直しを加速させるよう指示し「全閣僚一丸となって取り組んでいただきたい」と締めくくった。(水戸部六美)

拡大する写真・図版地球温暖化対策推進本部であいさつする菅義偉首相(左)。中央は小泉進次郎環境相。右は田村憲久厚労相=2020年10月30日午後5時11分、首相官邸、上田幸一撮影