防衛を決めた西山女流王将対局後インタビュー【第42期女流王将戦】=村上耕司撮影
[PR]

 将棋の第42期女流王将戦三番勝負(囲碁・将棋チャンネル主催)の第3局は30日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、西山朋佳女流王将(25)=女王、女流王座と合わせ三冠=が挑戦者の室谷由紀女流三段(27)に勝ち、対戦成績2勝1敗で初防衛を果たした。女流タイトル獲得は通算6期になった。

 共に大阪府大阪狭山市出身。室谷女流三段がリードしていたが、西山女流王将が終盤で逆転勝ちした。西山女流王将は「苦しいシリーズだった。最後は幸運としか言いようがない内容だった。(防衛できて)良かったかなと思います」。5回目の女流タイトル挑戦だった室谷女流三段は、またしてもタイトルに届かず、「準備した結果なので仕方がない」と話した。(村瀬信也