[PR]

 自宅で豚を違法に解体したとして、埼玉県警は1日、と畜場法違反の疑いでベトナム国籍の元技能実習生チャン・スアン・コン容疑者(29)=同県上里町三町=を逮捕し、発表した。調べに対し、「SNS上で豚を売るベトナム人の投稿を見て1万5千円で購入し、解体して同居のベトナム人たちと食べた」などと述べているという。県警は北関東で相次ぐ家畜などの大量窃盗事件との関連を調べる。

 捜査3課によると、チャン容疑者は7~8月ごろ、自宅アパートの浴室で豚1頭を解体した疑いがある。「包丁やバーナーなどを使って解体した」と供述し、「ベトナムでは豚を解体する慣習があり、違法だとは思わなかった」などとも話しているという。チャン容疑者のスマートフォンには解体した豚の購入をもちかけるようなメッセージを送信した履歴もあり、県警は転売目的だった可能性もあるとみて調べる。

 チャン容疑者は2018年7月に技能実習生として来日し、今年10月、出入国管理法違反(不法残留)容疑で逮捕、起訴されている。県警は近隣住民から「部屋の住人が豚や梨を盗んで売っている」との情報提供を受けて捜査していた。