[PR]

 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会(日本学生陸上競技連合、朝日新聞社、テレビ朝日、メ~テレ主催、長谷工グループ特別協賛)は1日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106・8㌔に25校が出場して行われ、駒大が5時間11分8秒の大会新記録で6年ぶり13度目の優勝を飾った。昨年優勝の東海大が23秒差で2位、明大が3位。2年ぶりの王座返り咲きをねらった青学大は8区で崩れ、4位に終わった。

東海のアンカー名取「予想以上に足動かなかった」

 4区と6区で区間新の快走をみせた東海大は、最後を詰めきれなかった。

 「アンカー勝負で勝ちきれず、悔しい」。アンカー名取燎太は淡々と語った。2位でたすきを受けると、3位の駒大の田沢廉を後ろに従えて首位の青学大に追いついた。10キロ付近で青学大が脱落すると、駒大との一騎打ちとなった。

 相手の田沢は、スパート力に定評がある。「ラスト勝負では分が悪い。途中で引き離したい」とみて、常に前に出て引っ張る形をとった。ところが、思ったよりも強かった風を受け、消耗した。残り1・2キロ付近で背後にいた田沢にスパートされると、「備えてはいたが、予想以上に足が動かなかった」。

 名取は昨年もアンカーだった。このときは2位から逆転して優勝のゴールテープを切る歓喜を味わっただけに、逆の展開での敗北に肩を落とした。(酒瀬川亮介)

青学のアンカー吉田は「ふがいない」

 4位に終わった青学大は、最終8区のエース吉田圭太が区間11位とふるわなかった。2位に39秒差のトップでたすきを受けたが、8・7キロ付近で東海大と駒大に並ばれ、10キロを過ぎて、2人に引き離された。「ふがいない走りで悔しい」と吉田。7区で区間賞の走りをみせ、吉田につないだ神林勇太は「エース頼りのチームの弱さ。プレッシャーになって、いつもの彼じゃなかった。申し訳ない」とかばった。

     ◇

 原監督(青学大)「でこぼこ駅伝だった。いいところと悪いところが、はっきり分かった。神林と吉田の両エースも、二重丸とバツの両面が出た。箱根駅伝では間違いなくリベンジしてくれる」

早稲田5位も、エース中谷「攻めの走りできた」

 唯一4年生を起用せずに臨んだ早大は、3区でトップに立って逃げ切りを図ったが、5位に終わった。3区で区間賞を取ったエース中谷雄飛は「攻めの走りができた。最低限の役割は果たせたと思う」と納得の表情。相楽豊監督は選手の走りを評価しつつ、「最後は他校の層の厚さに負けました」と脱帽していた。

明治は躍進、3強の一角崩す3位入賞

 明大は6区の終盤で一時先頭に立つなど健闘し、46回大会(2位)以来の3位入賞を果たした。6区で区間2位の好走を見せた大保(だいほ)海士は「今まで目立った結果を出していなかったのでひと泡吹かせてやろうと思って走った」。最終学年となり、「思い切って走るのもあとわずか」という気持ちで練習に取り組んできた成果が出た、という。

 山本佑樹監督は「目標は5位以内だった。あわよくば3強(駒大、東海大、青学大)を崩せれば、と思っていた」。狙い通りに青学大に先着し、箱根駅伝に向けても「今回の8人以外にも走れる選手がいる。まずは往路優勝を狙っていきたい」と力強く話した。

順天堂のスーパールーキー、前評判通りの快走

 今夏にトラックの3000メートル障害で日本歴代2位を出して関係者を驚かせた順大の1年生三浦龍司が、この日も1区で区間記録を18秒更新する快走を見せた。「中継所が見えたので」と残り300メートルあたりでギアチェンジ。「スパートするまでに余力があった」ときれいに抜け出した。12月4日にある日本選手権(長距離種目)では、3000メートル障害で東京五輪代表内定の可能性も。「狙っていくつもりです」と意気込んだ。

たすきつないだ、びわこ学院

 唯一の初出場で、通算100校目の出場校となったびわこ学院大は最後までたすきを途切れさせることなく、19位に入った。「みんながつないできたので、最後の最後まで力をふりしぼった」。高校時代も含め、初めて全国の舞台に立ったアンカーの湯川達矢(4年)はゴール後、倒れ込んだ。吉岡幹裕監督も「よく粘ってつないでくれた。選手たちは感動を与えてくれました」と笑顔だった。