【動画】大阪都構想案の反対多数が確実となった。住民投票を振り返る
[PR]

 「やることはやった。後悔はない」。否決なら市長任期満了で政界を引退すると表明し、背水の陣で臨んだ大阪維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は1日夜、記者会見で笑顔を見せた。

 行き詰まった局面を打開するために選挙戦を仕掛けては、民意を旗印に政策の実現をたぐり寄せる政治手法を貫いてきた。だが、最後はその民意によって、政治家としてのキャリアに終止符を打つことになった。

拡大する写真・図版大阪都構想への支持を訴える松井一郎・大阪市長(左)と吉村洋文・大阪府知事=2020年10月31日午後3時6分、大阪市中央区、水野義則撮影

 「菅さんにはご迷惑をおかけしませんから」。住民投票の告示が数日後に迫った10月上旬。松井氏は菅義偉首相に電話で仁義を切った。大阪では、菅氏が総裁を務める自民党と激しく対立しているためだ。

 維新政治の求心力の源は、野党でありながら政権との距離が近いことだ。その関係を支えるのは、頻繁に電話で連絡を取るほどに親しい松井氏と菅氏の間柄にある。橋下徹氏が最初に当選した2008年の大阪府知事選に、菅氏は自民党本部の選挙対策副委員長として関わった。それ以来、太いパイプを築いてきた。

 前回15年の住民投票が否決さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら