[PR]

 「都構想」ではないけれど、東京にしかないはずの警視庁が、かつて大阪市にもあった――。そんな史実を背景にしたサスペンス小説『インビジブル』(文芸春秋)が刊行された。作家の坂上泉さん(30)が焼け跡の残る戦後の大阪を舞台に、新しい時代の秩序を守ろうと奮闘する若い警察官コンビを描いた快作だ。

 日本が敗戦後の占領下にあった時代、GHQの政策で、比較的大きな自治体は自前の警察組織を持つことになった。そうして、1949年に生まれたのが「大阪市警視庁」だった。

 存続したのは、わずか約5年。日本が独立を回復した後の54年、警察法が改正。自治体警察と、全国の小さな自治体を所管した国家地方警察の廃止が決まり、いまの警察庁と都道府県警の体制に一本化されていったためだ。

 東京大学で戦後史を学ぶうち、大阪市警視庁の存在を知ったという坂上さん。就職後に大阪に赴任して、「東京とは違う視点で、戦後日本の下地がつくられた時代の物語が書けるのでは、と思いました」。

 物語は大阪市警視庁がなくなる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。