[PR]

 大阪市を廃止して四つの特別区に再編する大阪都構想の是非を問う住民投票は、僅差(きんさ)で反対が上回った。構想のモデルとなった東京都の小池百合子知事は2日午前、報道陣に「まさに市民の皆さまの選択、民意の表れ。地方自治は民主主義の学校と言われるが、そういう形で結果を出されたということ」と述べた。

 その上で「これまで大阪は色んなチャレンジを続けてきた。街が活性化していくというのは、どの都市でも、同じ必要性があると感じている」と話した。

 東京は全国で唯一、特別区を持つ都市。「東京都の様々な改革、都民目線になって改善すべきところは、これからも(改善を)重ねていくということに変わりはない」とも語った。