老老介護を描いた「黄落」などで知られる作家の佐江衆一(さえ・しゅういち)さんが10月29日、肺腺がんで亡くなった。86歳だった。

 コピーライターを経て、1960年に短編「背」で作家デビュー。自身の介護体験をもとにした95年の「黄落」はベストセラーになり、ドゥマゴ文学賞を受賞。テレビドラマや舞台にもなった。

 時代小説でも人気を博し、96年に「江戸職人綺譚」で中山義秀文学賞。他の作品に90年の新田次郎文学賞を受けた「北の海明け」など。近年は、「エンディング・パラダイス」など、昭和の戦争をテーマにした作品を発表していた。