[PR]

 名古屋市天白区の名城大学天白キャンパスで1月、男性准教授が刺されてけがをした事件で、殺人未遂などの罪に問われた元学生の野原康佑被告(22)=同区=の裁判員裁判の判決公判が2日、名古屋地裁であった。山田耕司裁判長は「短絡的な犯行で強い非難に値する」として、懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 判決によると、野原被告は1月10日午後4時過ぎ、同大の研究室で、調理用のはさみ(刃の長さ約9センチ)で准教授の首や頭などを刺し、けがをさせた。

 山田裁判長は、鋭利なはさみで首や頭を何度も刺していることなどから「殺意の程度は弱くない」と殺人未遂罪の成立を認定。「同じ研究室の先輩学生に相談するなど、犯行に及ぶ以外の解決策を模索せず、短絡的な犯行」と批判した。動機については「アカデミックハラスメントをやめさせようとした」とする弁護側の主張と、「准教授が死亡すれば単位がもらえると考えた」などとする検察側の主張の両方を退け、「判然としない」と述べた。(大野晴香)