レーザー光線が示す先に 日本一星空がきれいな村

有料記事

文と写真・金居達朗
[PR]

 夜、山の上にあるベンチには何かを待つカップルの姿があった。野外ライブ? レーザー光線が示す先にはいったい何が?

 10秒のカウントダウンが終わると、一斉に照明が落ち、頭上にキラキラと天の川が広がる。「うわぁー!」。芝生の上に寝転がった人たちから、星空に届くような歓声が上がった。

 長野県阿智村の富士見台高原。阿智村は「日本一星空がきれいな村」だ。2006年、環境省が実施していた夜空の明るさ(暗さ)を調査する「全国星空継続観察」で、全国で最も星の観測に適した場所として認定された。人口わずか6千人ほどの小さな村で、夜には星空を観賞するツアーが催され、19年に年間約16万人が来場するほどの人気を集めている。

 元々は「昼神温泉郷」として温泉を売りにしていた。バブル景気の頃は社員旅行などで人気を集めたが、景気が悪化するにつれ、観光客も激減した。

 星空を売り出したのは、旅館従業員だった松下仁さん(42)ら村内の3人。11年、客を増やそうと打開策を探っていたある日、村のスキー場の従業員から「宿直で山の上にいると、ふと見る星がきれいなんですよ」と聞いた。その夜、3人でスキー場の高原に登った。満天の星。都会にはない光景と気付いた。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

 約1年後にゴンドラで15分…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り809文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント