[PR]

 東京六大学野球の秋季リーグは7、8日、優勝をかけた早慶戦が神宮球場で開催される。2回戦総当たり(10試合)の今季は、慶大が6勝2引き分け(7ポイント)で首位に立ち、早大が5勝3引き分け(6・5ポイント)で追う。過去30年間を振り返ると、早慶2校に優勝が絞られて早慶戦を迎えたケースが11度ある。

1990年春季リーグ

【早慶戦前】早大が8勝3敗(勝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら