[PR]

 米大統領選で投票日の3日までに、有権者を投票に行かせないようにするために「ステイホーム」とのメッセージや、うその情報を流す電話が相次いでいたことがわかった。全米で計約1千万件に上るとされ、連邦捜査局(FBI)は、選挙への妨害行為にあたるとして捜査に乗り出した。

 地元報道によると、電話主は名乗らず、コンピューターで合成されたような音声で「安全を確保して家にいましょう」と短く呼びかけたという。

 ミシガン州の州務長官はツイッターで、「投票所が混んでいるので明日投票するように」との偽情報を流す電話がかかっているとして注意を呼びかけた。

 3日朝に電話を受けた有権者の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら