[PR]

 米大統領選の開票が続くなか、民主党のバイデン前副大統領は米東部時間4日午前0時40分ごろ、デラウェア州ウィルミントンで支持者に向け、「我々は勝利の途上にいると信じている」と語った。

 一方、共和党のトランプ大統領も同じころ「我々は大きく勝ち越しているのに、やつら(民主党)は選挙を盗もうとしている。そんなことは決してさせない。投票が終わってから票を投じることはできない!」とツイート。ツイッター社は「誤解を招いている可能性がある」と警告表示を付けた。

 バイデン氏は勝者の判明について「明朝か、それよりも長くなるかもしれない。我慢して待たなくてはならない」と前置きした上で、「いまのところ、我々の現在地は良い感じだ」と手応えを口にした。

 大統領選は接戦が続き、AP通信によると538人の選挙人のうち、バイデン氏が223人、トランプ氏が174人を獲得している。バイデン氏が登場したのは、激戦州のフロリダでトランプ氏が勝利したと、米メディアが報じた直後だった。(ウィルミントン=藤原学思、ワシントン=香取啓介)