[PR]

 市川猿之助が11月の歌舞伎座公演「吉例顔見世大歌舞伎」で「蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)」で5役の早替わりを勤めている。10月の取材会では今の楽屋事情や出演した人気テレビドラマ「半沢直樹」のことから、松本幸四郎や市川中車(香川照之)への思い、さらに未来の歌舞伎を担う新世代への期待など、たっぷりと語った。

 ――再開した歌舞伎座は客席が千鳥(一席空き)でした。奇異な感じはありましたか。

 僕はあらかじめ聞いていたからね。そういうもんだと思って舞台に上がったから。稽古みたいですね。休憩中に鳥屋(とや)(花道の突き当たりの小部屋)に移動したりすると、お客様のざわめきが聞こえない。一瞬、「あれ、これお客さん入ってんの?」。それぐらいシーンとしてたのが異様でしたね。

 ――再開後、3カ月出ることになります。いまの歌舞伎座を支える1人です。

 年代がそこへ来たんだなと。立場的には若手ですけど、気づけば働き盛りっていうの? 芸の上でじゃないですよ、肉体的に。

 ――11月の出演は働き盛りだから?

 (歌舞伎公演の入場人数に対する)政府の規制が解けたってことが、一番の大きなことなんじゃないですか。舞台の上だけでも徐々に規制を緩めていかないと。まだ人数が出せませんから、一人で5役やるしかないんですけど。舞踊劇ならそうしゃべることもないし、早替わりの先陣を切るんだったら、うちかなと思ってね。

 ――踊っていて個人的に楽しい役は。

 今回初めてやるのは太鼓持。伯父(現・市川猿翁)のが頭にあるからすごく楽しみですけどね。

 ――何回か演じている演目ですが、早替わりの苦労は。

 今回、稽古が出来ないんですよ。どっかの劇団で六十何人クラスターが発生したように、稽古場が一番危ないんで、なるべく密集しないように、稽古の回数がない。早替わりはチームワークだから、僕らはお弟子さんとの間に、会話にならないぐらいの信頼関係があるから出来る、3回の稽古でぱっと。早替わりを得意にしなきゃいけない家だから、そこは特化してたから、大丈夫かな。

極意は手品のナポレオンズ

 ――早替わりは歌舞伎ならではの演出です。やりがいのあるものですか。

 早けりゃいいってもんじゃない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら