[PR]

 日本学術会議会員の任命拒否問題で、除外された6人を推薦した前会長、山極寿一・京都大前総長が3日、メールで朝日新聞の取材に応じた。内閣府の学術会議事務局が2018年に作った「(首相に)推薦のとおりに任命すべき義務があるとまでは言えない」などとする文書について、「見せられたことはないし、存在も知らなかった」と明かした。臨時国会では「まずは任命を拒否した理由について、杉田(和博官房)副長官に尋ねるべきでしょう」と指摘した。

 日本学術会議法は、会員は会議の「推薦に基づいて」首相が任命すると規定。210人の半数が3年に1度、秋に交代する。1983年の国会では「形だけの推薦制であり、学会から推薦された者は拒否しない」と政府側が答弁した。

 だが、事務局が内閣法制局に確認して作った18年11月中旬の文書は「(首相に)推薦のとおりに任命すべき義務があるとまでは言えない」「(首相が)任命すべき会員の数を上回る候補者の推薦を求め、その中から任命するということも否定されない」などとしている。

杉田副長官からの返事「来る必要はないし、理由も答えない」

 文書について事務局は今年10…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら