国際俳優への夢に挑戦 大野拓朗を決意させた先輩の訃報

有料会員記事

伊藤綾
[PR]

 ミュージカル「プロデューサーズ」で、小さい頃から夢見た道へ飛び込む男を演じる大野拓朗。自身も、国際俳優への夢に向かって、新たな一歩を踏み出したところだ。

 演じるのはブロードウェーのプロデューサーになるのをひそかに夢見る気弱な会計士のレオ(吉沢亮とのダブルキャスト)。落ちぶれたプロデューサーのマックス(井上芳雄)と出会い、ある思惑から、一緒に史上最悪の舞台を作ろうと企てる。

 出演オファーを受けたときは米ニューヨークにいた。昨夏、所属事務所を退社。12月に渡米した。

 2010年のデビュー以来、NHK連続テレビ小説大河ドラマにも出演し、実績を重ねてきた。「俳優として大成するんだと、ただただ一生懸命だった。英語をしゃべれるようになりたい、海外に住みたい、という夢をどこかに置き忘れていた」

 だがここ数年、身近な人の死に直面した。デビュー当時から目を掛けてくれたヒップホップグループ「ET-KING」のメンバー2人が、30代で相次いで亡くなった。「大好きなかっこいい兄貴たちだった。人っていつ亡くなるかわからない、後悔しない生き方をしたい、という思いが強くなった」

 30代になるタイミングで思…

この記事は有料会員記事です。残り565文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら