[PR]

 今年の世相を映した言葉に贈られる「2020ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)にノミネートされた30語が5日、発表された。「新しい生活様式/ニューノーマル」「3密(三つの密)」「自粛警察」など新型コロナウイルス感染症に関連する言葉が半数を超える一方で、将棋の藤井聡太・現二冠の好手を表現した「AI超え」、人気アニメ「鬼滅の刃」、日本学術会議問題で菅義偉首相が述べた「総合的、俯瞰(ふかん)的」なども選ばれた。年間大賞とトップ10は12月1日に発表される。

ノミネートされた30語

 愛の不時着/第4次韓流ブーム▽新しい生活様式/ニューノーマル▽あつ森▽アベノマスク▽アマビエ▽ウーバーイーツ▽AI超え▽エッセンシャルワーカー▽おうち時間/ステイホーム▽オンライン○○▽顔芸/恩返し▽カゴパク▽鬼滅の刃▽クラスター▽香水▽GoToキャンペーン▽3密(三つの密)▽自粛警察▽Zoom映え▽総合的、俯瞰的▽ソーシャルディスタンス▽ソロキャンプ▽テレワーク/ワーケーション▽時を戻そう(ぺこぱ)▽NiziU(ニジュー)▽濃厚接触者▽BLM(BlackLivesMatter)運動▽PCR検査▽フワちゃん▽まぁねぇ~(ぼる塾)