「左手のピアニスト」舘野泉 84歳のリサイタルへ 

有料記事

編集委員・吉田純子
[PR]

 舘野泉が84歳となる今月、デビュー60年記念のリサイタルを開く。作曲家、演奏家、聴衆。コロナ禍で失われた三者のシンプルな循環を、いま一度取り戻すための新たな一歩に、と前を向く。

 65歳の時、舞台上で倒れ、脳出血と診断された。2年半の闘病ののち、「左手のピアニスト」として再起した。「70代が青春だった」と振り返るほど、暗い気持ちになったことがない。弾けないのは仕方ない。音楽はきっと、自分のところに戻ってくる。そんな確信があった。「ゼロ地点のすがすがしさを味わったのは、すべて焼けちゃった戦後の混乱期以来のことでした」

 そんな舘野ですら、ここ半年、かつてない閉塞(へいそく)感に沈んだという。「遠藤周作の『沈黙』の、隠れキリシタンみたいな気持ち。祈るしかないんだね、こういう時は」

 いまは1曲1曲をゆっくりか…

この記事は有料記事です。残り489文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!