[PR]

塾が教えない中学受験必笑法17:おおたとしまさ

 6年生は、そろそろ志望校を具体的に絞り込む時期ですよね。模試の成績がおぼつかなくても、第1志望校は簡単にあきらめるべきではないと、多くの塾講師や中学受験の専門家が口をそろえます。でも、もしその学校が複数回の入試を行っている場合、どこまで深追いするかは非常に難しい判断です。以下は、あくまでも私の中学受験観に基づく考え方なので、どこまで参考にするかは、みなさん自身でよく考えていただきたいという前提で書きます。

 お子さんは第1志望校合格を目標にして頑張ってきたわけですから、合格可能性が低くても1回目の入試は受けさせてあげたいと私なら思います。でもその学校が、たとえば1回目、2回目、3回目と複数の入試を行う場合、一般的に日程が後になればなるほど偏差値は上がります。つまり合格難度が上がる。その場合でも初志貫徹で、第1志望校の2回目入試も3回目入試も受けさせてあげたほうがいいのでしょうか。

 複数回受験をしてくれた受験生…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら