[PR]

 自民党の伊吹文明元衆院議長は5日にあった二階派の派閥会合で、日本学術会議の任命問題をめぐり、「学術会議の肩書をもって政治的な発言をすることは自粛をしないといけない」と述べた。国会で野党が菅義偉首相への追及を強めるなか、学術会議側を牽制(けんせい)した格好だ。

 伊吹氏は会合のあいさつで、「学問の自由といえば、なにかみんな水戸黄門さんの印籠(いんろう)のもとにひれ伏さなくちゃいけないのかなっていう感じがする」と発言。首相の心中について「(首相は)できるだけ多様な人材を集めることによって、一方的な意見を公表することについて少し自重をしてもらいたい、と。そういう組織であるように色々人事を含めて考えていた」と説明し、「総理大臣として私がいま言ったようなことを言ったら、また国会で食いつかれて大問題になるから、私が彼の気持ちを忖度(そんたく)して言えばそういう気持ちがあったんじゃないか」と述べた。