[PR]

 すっかり定着したマスク姿の日常。「相手の顔がわかりにくく、覚えにくい」という困りごとを解決する商品が誕生しました。その名も「名刺マスク」です。

基本デザインは3種類

 手がけるのは名古屋市の長屋印刷で、綿100%の3層構造のマスクに特殊プリンターを使って名前や肩書などを印刷します。

 基本デザインは3種類。名刺のような「接客しマスク」、画像もプリントできる「売り込みしマスク」、名前とメッセージを大きくした「営業しマスク」です。

 注文はWebサイトからで、基本デザインを選んだ後、各欄に名前や画像などを登録すれば完了。1枚から購入できて、価格は送料・税込みで1500円です。

新型コロナがきっかけに

 長屋印刷は1919年創業で、カタログやカレンダー、新聞の折り込み広告の印刷を主力事業としてきました。

 布に印刷できる特殊プリンターを導入して、バスケットボールの試合終了後に当日のスコアが印刷されたTシャツを販売するといった企画も手がけていましたが、新型コロナウイルスの影響で需要が激減。

 プリンターを生かして何かできないかと考える中で、まずは、オーダーメイドのデザインプリントマスクを企画しました。

 クラウドファンディングでも目標額を達成しましたが、一からデザインすることはハードルが高いと感じる客もいたため定型化を検討。その中で「名刺マスク」のアイデアが出てきたそうです。

 「話のきっかけになりますので、営業力アップも期待できます」と営業部の鈴村万祐子さん。(若松真平)