[PR]

 トヨタ自動車は6日、今年度(2021年3月期)の業績予想(国際会計基準)を上方修正し、最終的なもうけを示す純利益が1兆4200億円になりそうだと発表した。前年比30・3%減の水準だが、新型コロナウイルスの影響で急減した世界販売が中国や米国を中心に想定以上のペースで回復。従来予想を6900億円引き上げ、1兆円台の黒字確保の見通しとなった。

 売上高は12・9%減の26兆円、本業のもうけを示す営業利益は45・8%減の1兆3千億円となる見通しで、従来予想をそれぞれ2兆円、8千億円引き上げた。グループの世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)の見通しは910万台から942万台(前年比103万台減)とした。

 同日発表した20年9月中間決算は、売上高が前年同期比25・9%減の11兆3752億円。営業利益が62・8%減の5199億円、純利益が45・3%減の6293億円。

 トヨタの世界販売台数は新型コロナの影響が直撃した4月はほぼ半減したが、5月以降は想定を上回るペースで回復。いち早く経済が再開した中国は春先から前年超えの水準が続き、夏以降は米国や日本など主要市場でも回復ペースが加速。9月は前年を上回った。「RAV4」や「カローラ」などの売れ行きが好調だ。