[PR]

 トヨタ自動車が今年度(2021年3月期)の業績予想(国際会計基準)を大幅に引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大で一時は全世界の需要が蒸発し、「リーマン・ショック以上の衝撃」と危惧されたが、世界販売は想定以上のペースで回復。コロナ危機の最悪期を脱し、秋以降はフル生産体制で挽回(ばんかい)を図る見通しだが、コロナ再拡大への懸念は残る。

拡大する写真・図版トヨタ自動車のロゴ=東京都江東区

 6日公表した業績予想では、売上高が26兆円(前年比12・9%減)で、当初予想から2兆円上積み。本業のもうけを示す営業利益は1兆3千億円(45・8%減)、最終的なもうけを示す純利益は1兆4200億円(30・3%減)で、従来予想をそれぞれ8千億円、6900億円引き上げた。いずれも1兆円台の黒字を確保する見通しだ。

 20年9月中間期の売上高は前年同期比25・9%減の11兆3752億円。営業利益が62・8%減の5199億円、純利益が45・3%減の6293億円だった。これまでの営業利益の通期予想5千億円を、中間期時点で超えたことになる。

拡大する写真・図版トヨタ自動車のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」。北米や日本で人気だ=2019年4月、愛知県長久手市

 豊田章男社長は6日、社長就任以降、中間期決算としては初めて記者会見に臨み、「トヨタという企業が少しずつ強くなってきた」と強調した。5月の記者会見では「リーマン・ショックよりインパクトははるかに大きい」と新型コロナに対する強い危機感を示したが、ちょうど半年が経過した、この日の会見では、顧客や従業員など利害関係者(ステークホルダー)への感謝の言葉を続けた。さらに、静岡県で進めるスマートシティー計画について、来年2月に着工すると明らかにするなど、次を見据えた発言が目立った。

 5月時点では年間のグループ世…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら