デリバリーの自転車事故、都内で深刻 首都高に進入も

有料会員記事新型コロナウイルス

河崎優子
[PR]

 フードデリバリーなど「仕事」で自転車に乗る人が関係する交通事故が、東京都内で深刻だ。2019年は562件あり、過去5年間で1・5倍に。今年も増加傾向で、1~9月は475件と前年の同じ時期より61件(15%)多い。うち歩行者とぶつかった事故は76件で、前年同期比27件(55%)増だった。今年は自転車の事故の総数が2割減っている中で、仕事で乗る人にこうした傾向が出ているため、対策が急務だ。

 警視庁によると、ニーズが高まるフードデリバリーの配達員による事故や交通違反については、都民から「信号無視をしていた」「歩道でぶつけられそうになった」といった声が相次いでいるという。深刻な事案もあり、東京都杉並区では4月、ウーバーイーツ配達員の大学生(21)が交差点で軽自動車と出合い頭に衝突し、死亡。5月には、同社配達員が首都高速4号上り線(新宿区)に進入し、ネット上でも騒ぎになった。

 警視庁は「コロナ禍で需要がこれまで以上に高まり、配達員の数も増えている。交通ルール指導の徹底をお願いしていく」としている。(河崎優子)

自転車の配達員の事故や違反例

・東京都杉並区で4月、配達員の大学生(21)が交差点で軽自動車と出合い頭に衝突して死亡

・外国人の配達員が5月、首都高速4号上り線(東京都新宿区)を走行

・リヤカーを引く自転車に乗っていた配達員が、交差点で乗用車と出合い頭に衝突し、外傷性くも膜下出血と肩脱臼の重傷

※各社の説明と警視庁への取材による

自転車に乗る際の注意点

・車やバイクと同じ車両だと認識。一時停止の標識があれば必ず止まる

・原則、車道の左端を走行

・車道が危険で歩道を走行する場合は、歩行者を優先して車道寄りを徐行

・夜間はライト点灯

・携帯電話やイヤホン、傘などを使う「ながら」運転をしない

※警視庁による

事故なくせ ウーバーや出前館と対策会議

 ウェブ上で注文を受け、飲食…

この記事は有料会員記事です。残り637文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]