皇嗣妃は静岡生まれ「ピアノが聞こえると紀子ちゃんが」

有料会員記事

矢吹孝文

 秋篠宮さまが皇位継承順位の第1位となったことを宣言する「立皇嗣の礼」が8日、皇居で開かれる。儀式に立ち会う秋篠宮妃の紀子さま(54)は静岡市生まれで、母親の実家である静岡市の祖父母宅に住んだ時期もあるという。

 紀子さまは1966年、静岡市駿河区の静岡済生会総合病院で誕生した。1歳で米国に移り、小学1年で帰国。現在の同市駿河区にあった母・和代さんの実家に住んでいた。

 近所の海野美津江さん(76)は「活発で、明るい子だった」と振り返る。市立中田小学校で同級生だった長女(54)と登校し、担任からは「教室でもいつも一緒。紀子さんは娘さんから離れない」と聞かされた。放課後は近くの空き地で自転車に乗り、海野さん宅で風呂や食事をともにすることも多かったという。

 紀子さまは数カ月後に東京に転居したが、交流は続いた。静岡に帰省するたびに海野さん宅を訪ねたといい、89年の婚約内定で近所に取材が殺到したときも「ご迷惑をおかけします」と電話があったという。

 祖父・杉本嘉助さんは静岡で…

この記事は有料会員記事です。残り409文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら