中国公船、また尖閣沖の領海侵入 2隻が日本漁船に接近

[PR]

 沖縄・尖閣諸島の大正島沖で7日午後0時30分すぎ、中国公船「海警」2隻が領海に侵入した。領海内で漁をしていた日本漁船に接近したため、海上保安庁巡視船が間に入って退去するよう警告。2隻は、午後7時40分までに領海の外に出た。

 中国公船が領海内で日本漁船に接近する事案は今年6回目。10月には、中国公船が連続の侵入時間としては過去最長の57時間あまり領海内にとどまり続けていた。