• アピタル

体操の内村航平、コロナ偽陽性に「絶対うそだと思った」

[PR]

 東京五輪の延期決定後、五輪競技では日本国内初の国際大会となる体操の「友情と絆の大会」(8日、東京・国立代々木競技場)に出場する内村航平リンガーハット)が7日、オンラインで会見を開いた。

 直前合宿中に受けた新型コロナウイルスのPCR検査で偽陽性が出たことについて、「最初に陽性と言われた時は、絶対うそだと思った」。一方で「検査する人もちゃんとやってくれているし、選手もイレギュラーな中で、できることをしっかりやっている。その中で偽陽性が出たので、しょうがないと思う」とも話した。

 大会前の2週間は外出禁止など厳しい制限もあったが、「普通じゃないことをいかに普通にできるか。来年のオリンピックで活躍できるかは、そういうところにかかっている」と覚悟を口にした。