フィギュアスケートの東日本選手権は7日、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナで第2日があり、女子フリーで、19歳の本田真凜(JAL)は93・70点で12位。8位だった前日のショートプログラム(SP)と合わせて、総合144・11点で10位となり、6年連続で全日本選手権(12月・長野)への出場を決めた(出場は11位の選手まで)。

 この日は、冒頭の3回転フリップで転倒。続く3回転フリップも両足着氷の上にダウングレートの判定を受けるなど、ジャンプにミスが相次いだが、何とか持ちこたえた。

 演技後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――フリーの感想は?

 「とりあえずはホッとしています。本当にそれだけです」

 ――前半はバタバタしたように見えた。

 「ここ最近、すごく気持ちが落ちていて、特に昨日のSPが終わってからはすごく落ち込んだというか。スケートが自分の中ですごく難しいなっていう気持ちで、いろいろ考えて泣き続けていたんです。でも、やっぱり全日本は自分の中で特別な試合。連続(出場)を途切れさせたくないなって(思った)。同時に、自分が全日本に出場できるか不安になったり、緊張したりしているのが許せないという感情にもなった。最初のジャンプを失敗後、いつもだったら結構ズルズル引きずるんですけど、『もう今日で最後』と思って滑ったような気がします」

 ――かなりの覚悟で滑っていたということか。

 「昨日もいろいろ考えたんです…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。