[PR]

 立冬の7日、栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」で、冬の風物詩となったカピバラの露天風呂が始まった。

 湯船につかるカピバラを見ようと、多数の客が待ち受けた。ところが、開始時間になってもカピバラたちは湯船に興味を示さない。スタッフが「暖かすぎて、カピバラも入浴する気にならないようです」と説明すると、客たちも納得顔。お祝いのリンゴが湯船に入れられると、やっと入浴し始め、湯船から顔をのぞかせる姿に「かわいいね」の声があがった。

 来年3月下旬までで、平日は午前10時から昼休みを挟んで午後3時30分まで、土日は午前9時から同様に午後4時まで公開される。(池田敏行)

関連ニュース