[PR]

 タクシー運転手の首を絞め、現金や車を奪ったとして、沖縄県警は8日、米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の上等兵、ジャミソン・マイケル・ビセット容疑者(20)を強盗容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 石川署によると、ビセット容疑者は7日午後10時10分ごろ、客としてタクシーに乗車中、うるま市内で、後ろから運転手の男性(61)の首を絞め、車内にあった現金約1万円のほか、乗っていたタクシーなどを奪った疑いがある。

 ビセット容疑者は北谷町から1人で乗車したという。タクシー運転手が車を降りて別の車の男性に助けを求めている間に、タクシーは走り去ったという。午後10時18分、現場から約6キロ先でタクシーが中央分離帯に衝突し、ビセット容疑者が額から血を流しているのを警察官が見つけた。

 ビセット容疑者は「自分は、一緒に乗っていた知人が運転手の首を絞めるのを止めていた」と容疑を否認しているという。署によると、タクシー運転手は容疑者について「酒に酔っていた」と話しているという。(岡田将平)