[PR]

 旧ユーゴスラビアのスロベニアのヤンシャ首相は7日夜(日本時間8日未明)にツイッターで、米大統領選でバイデン前副大統領が当選確実となったことに疑問を投げかけた。

 ヤンシャ氏は、トランプ大統領が開票中止などを求める訴訟を起こしていることを受け、「司法判断がまだ出ていないのに、公的機関ではないメディアが勝者を報じ、各方面がお祝いしている」とし、「法の支配とはそんなものか」と書き込んだ。

 スロベニアは、トランプ大統領の妻メラニアさんの出身地。ヤンシャ氏は移民排斥を掲げる右派政党の党首で、2018年に3度目の首相に就任した。同氏は米大統領選の結果が出ていない11月4日の段階で、「トランプ氏が当選したことは明らかだ」として、当選を祝うコメントを発表していた。(ローマ=河原田慎一)