消毒液を転売した疑いで書類送検 「空容器」と偽り出品

新型コロナウイルス

高絢実
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄になっていた消毒液を転売したとして、愛知県警は9日、国民生活安定緊急措置法違反(アルコール消毒製品の転売の禁止)の疑いで、同県西尾市の自称アルバイトの女性(44)を書類送検し、発表した。空容器と偽って販売していたという。

 生活経済課によると、女性は同県蒲郡市のドラッグストアで2671円で購入したアルコール消毒液3本(1本300ミリリットル)をフリーマーケットサイトに出品し、7月24日に名古屋市の男性に4800円で転売した疑いがある。サイト上で「新品未使用、中身を処分して発送します」などとうたっていたという。

 同課によると、女性は4月ごろから消毒液を転売。5月に同法で規制されたため転売をやめたが、空容器としてサイトで出品されているのを見て、空容器と書けば規制されないのではと思った、などと供述しているという。7月中旬から8月末にかけて計約40本を転売し、約6万円を売り上げたとみられるという。

 マスクの転売は同法に基づき3月に禁止され、5月に消毒用アルコール製品も規制対象になった。規制は8月末に解除された。(高絢実)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]