[PR]

 みずほ銀行の藤原弘治頭取は朝日新聞の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響に苦しむ企業など向けに、資本を厚くするための資金拠出を1兆円規模で検討していると明らかにした。

 融資の一部が資本とみなされる劣後ローンや、議決権のない優先株などとして出す。実施済みも含めて約40件を想定。「企業を支えたり産業再編を促したりするため、戦略的・選別的に活用したい」と話した。

 コロナの影響で損失が増えて財務が悪化すれば追加借り入れが難しい。企業は資本増強を迫られている。買収などのために資本を厚くする要望もあるという。

 劣後ローンは返済順位が低く融…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら