[PR]

 大麻取締法違反(栽培)などの罪に問われた瀬戸少年院の元法務教官中川裕介被告(32)の判決公判が9日、名古屋地裁であった。西沢恵理裁判官は「少年の更生指導に携わる立場を顧みず、言語道断」として、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。

 判決によると、中川被告は瀬戸少年院の法務教官だった6月、宿舎の自室で大麻草1株を栽培。合成麻薬MDMA1錠を所持し、覚醒剤の原材料を製造目的で保管した。西沢裁判官は、中川被告が薬物再乱用防止プログラムを受けていることなどを考慮し、執行猶予が相当とした。