[PR]

 中日のドラフト1位のくじ運をきっかけに注目を集める滝がある。名古屋市守山区の倶利加羅不動寺(くりからふどうじ)の不動心の滝。地元CBCテレビ(TBS系)のアナウンサー若狭敬一さん(45)が中日のドラフトの成功を祈って滝行に挑むと、3年連続で成就した。それを知った、あのライバル球団は今年、監督や幹部が滝行をしたという。

拡大する写真・図版ドラフト1週間前、中日の成功を祈って滝に打たれる若狭敬一アナウンサー=10月19日、CBCテレビ提供

 「今年もドラゴンズ、ドラフト大成功。高橋君、ドラゴンズに来て――」

毎週火曜日に、中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。

 ドラフト1週間前の10月19日。冷たい雨の中、若狭さんは滝に打たれながら、中日のドラフトの成功を祈って、絶叫した。

 若狭さんがドラフト当日に指名候補選手の取材へ向かうと、競合抽選時のくじの外れや、空振りが続いていた。2013年に松井裕樹投手(現・楽天)の神奈川・桐光学園高へ行き、中日は5球団競合となったくじを外した。15年は高橋純平投手(現・ソフトバンク)の県岐阜商高、17年は中村奨成捕手(現・広島)の広島・広陵高へ向かい、いずれも抽選で敗れた。14年と16年は指名を予想して向かった選手が、中日に指名されなかった。

 若狭さんは「当日に取材すると、中日に不幸が訪れる『疫病神』と呼ばれるようになった」と苦笑する。

拡大する写真・図版2018年、4球団が1位指名で競合した大阪桐蔭高の根尾昂選手を引き当てた中日の与田剛新監督(左)=東京都港区、北村玲奈撮影

 転機は2018年に訪れた。中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら