[PR]

 会計検査院が10日に公表した2019年度の決算検査報告には、首相が主催する内閣の公的行事「桜を見る会」に関する言及はなかった。安倍晋三・前首相の政権で出席者や支出額が増加したことを受け、検査院が調査したが、会計上、不適正と言える点が見つからなかったとみられる。

 桜を見る会をめぐっては、第2次安倍政権で出席者が年々増え、安倍氏の後援会関係者も大勢招待されていたことが発覚。予算額は毎年1767万円だったが、実際の支出額は15年以降、予算額の倍以上にふくれあがっていた。検査院は昨年11月の国会質疑で、共産議員の質問に「検査する」と答弁していた。

 一方、桜を見る会の前日にホテルで行った夕食会も、参加者の費用が安すぎると問題視されたが、夕食会は公的行事ではなく政治活動にあたるため、検査院の検査対象にはならない。