[PR]

 大相撲の西大関朝乃山(26)=本名・石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=が11月場所(東京・国技館)3日目の10日、日本相撲協会に休場を届け出た。右肩の筋肉のけがで約4週間の治療が必要と診断された。初日に勝った霧馬山戦で痛めたという。2日目に照ノ富士に敗れ、1勝1敗だった。3日目の相手の若隆景は不戦勝。

 朝乃山の休場は2016年春場所の初土俵から初めて。師匠の高砂親方(元大関朝潮)によると、再出場はしない見通し。

 秋場所に続き今場所も両横綱が不在で、大関が番付最上位になっていた。