[PR]

 北海道北部の音威子府(おといねっぷ)村にふるさと納税で寄付をすると、返礼品で缶詰が送られてくる。持つと手首にずっしりとくる。ふたを開けると、中には250グラムほどの重さの、丸い石が入っている。

 缶詰のラベルには「SENRO NO ISHI」の文字と、9600型蒸気機関車のイラストが描かれている。中に入っている石は、かつて村内を走り、1989年に廃線になった天北線の「線路の石」だ。

 村は今月、この缶詰をふるさと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら