[PR]

 11月11日は、鮭の日です。漢字の「鮭」のつくりが「十一十一」に分解できることにちなむそう。秋鮭が旬を迎えています。

拡大する写真・図版近所のスーパーで買い求めた「生秋鮭切身」と表示されたパック。この場合の「生」は塩鮭ではない、を意味していると思われます(記事の事例とは関係ありません)

 「秋鮭(生)」。スーパーでこのように表示されたサケを買って、生で食べた30代の男性がアニサキス食中毒になりました。先月、千葉県船橋市でのことです。男性は「生と書いてあったから、生で食べた」といいます。表示の読み違えなのですが、調べてみると、この手の勘違いは意外と日常に潜んでいそうなのです。

 船橋市保健所によると、男性はルイベ風に食べようと、買った切り身をしばらく冷凍庫に入れてシャリッとさせた後、調味液に浸し、一口大に切って食べたとのこと。生で食べられると思っての行動であったことがうかがえます。

 しかし、この表示は「生で食べられる」という意味ではなく、切り身は加熱用でした。販売したスーパーは保健所に対し、「冷凍物ではないという意味で(生)と表示した」と答えています(https://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/eisei/001/p085389.html別ウインドウで開きます)。

 食品表示法では、、パック詰め…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら