[PR]

 中部電力の販売子会社・中部電力ミライズは10日、電気・ガスの契約メニューや毎月の料金に応じて顧客に付与する「カテエネポイント」が、一部で付与できていなかったと発表した。システムの不備が原因だという。ポイントは電気料金の支払いにあてたり、ほかのポイントと交換できたりする。対象の顧客は2万6395件で、付与漏れのポイント数は計約964万ポイント(1ポイントは1円相当)。同社は10日から順次、正しいポイントを付与するという。