[PR]

 計算速度の世界ランキング「TOP500」で2期連続世界一になり、新型コロナウイルス感染症対策でも活躍するスーパーコンピューター「富岳」。開発を率いる理化学研究所計算科学研究センターの松岡聡センター長(57)に、情報科学の未来や課題について聞きました。

 ――スパコンに関わろうと思ったきっかけは何ですか。

 学生の頃からコンピューターに興味があって、趣味としてやっていたんです。当時はマイクロコンピューター、マイコンの創生期。趣味が高じて、ファミコンのソフト開発も何本かしましたよ。

 ――当時コンピューターはあまり一般的ではなかったのでは。

 ええ、電卓はあったけど。元々「アキバ少年」で、小学生の時から秋葉原に通っていたんです。中学生の時に「コンピューター」が売られているのを見て、「なんだこれは」と。

アキバ少年は、どうやってスーパーコンピューターを作ったのか。軍事転用への懸念は…記事後半でたっぷり語ります。

 昔もパーツは売られていたけど…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら