[PR]

 かつての世界ジュニア女王が、苦しんでいる。19歳の大学1年生、本田真凜(JAL)だ。悲壮感のにじむ言葉にドキッとさせられたのは7日、東日本選手権(甲府市)の女子フリーの後だった。

 「もう今日で最後、と思って滑ったような気がします」

毎週水曜日の朝に、フィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 大会は総合10位で終えた。6年連続となる全日本選手権(12月・長野)への進出も決めたが、ボーダーラインは11位まで。薄氷を踏むようなぎりぎりの予選通過だったことは、本人も自覚している。

 「『引退』っていう言葉は考えていなかったけど、最近、本当に、スケートが自分の中で苦しいもので。全日本に今回出られなかったら、何のためにしているのか考えないといけないな、と思っていました」

 秋口に肩をけがした影響が尾を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら