[PR]

 香川県の三豊市と東かがわ市の養鶏場で相次いで高病原性の鳥インフルエンザの発生が確認されたのを受け、徳島県は市町村などと連携し、死んだ野鳥への監視を強化している。

 県鳥獣対策・ふるさと創造課によると、野鳥は病気や栄養失調、事故などで死ぬことがあり、「(死んだ鳥を見つけても)直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はない」としているが、念のため「野鳥を素手で触らないでほしい」と注意喚起をしている。マガモなどのカモ類やハヤブサなどの猛禽(もうきん)類、ハトやカラスが複数死んでいるのを見つけた場合は、市町村などへ連絡するよう呼びかけている。

 死んだ野鳥が検査対象の場合、市町村や県が死体を回収し、感染の有無を調べる簡易検査を実施するという。(吉田博行)

関連ニュース