[PR]

 新東名高速道路島田金谷IC近くに新設した県内最大級のフードパーク「KADODE OOIGAWA」(島田市竹下)の内覧会が10日、開かれた。ミカンやシイタケ、トマトなど地場産の野菜、駿河湾の鮮魚、県産の精肉、清酒などが並び、近隣住民らが一足早く買い物を楽しんだ。

 一番の目玉は蒸しと火入れの加減を変えて組み合わせた16種の緑茶を、遊びながら味わえるコーナーだ。パーク中央に16本の緑色の「茶柱」が立ち、一本ごとに味や香りの特徴、合う食材などが表示されている。JAおおいがわ傘下の茶農家から100種類の茶を集めてブレンドし、個性を際立たせたという。

 「緑茶B・I・Y(ブリュー・イット・ユアセルフ)スタンド」では、種類ごとに最適の温度と抽出時間を表示。専用蛇口から適温の湯が出て、タイマーで計って飲むことができる。

 「緑茶ツアーズ」では、参加者が緑色のポンチョをかぶって茶葉になりきる。ミストを浴びる「蒸し」、風に吹かれる「揉み」、熱風にさらされる「火入れ」の三つのブースを通過し、製茶になるまでを体で感じる。声優の浪川大輔さんがツアーのナレーションを担当し、「もっと蒸されて!」とあおってくれる。

 お茶漬けや菓子とのマッチングを試すコーナーもある。オープンは12日。営業時間は午前9時~午後7時。問い合わせは、0547・39・4073へ。(阿久沢悦子)

関連ニュース