[PR]

 加藤勝信官房長官は10日の記者会見で、政府が飲食業を支援する「Go To イート」事業の利用者に、新型コロナウイルスの感染者が確認されているか問われ、「昨日(9日)までに、感染者が出た旨の報告はないと聞いている」と答えた。

 同事業に参加する飲食店は、換気の徹底や3密を避けたテーブル配置など感染防止策の実施が求められている。もし、事業利用者に感染者を確認した場合は、食事券発行事業者やオンライン飲食予約事業者などを通じ、所管する農林水産省に報告される仕組みだが、「調べようがないというのが現状で、報告ベースにならざるを得ない」(官邸関係者)との指摘もある。

 英国では、同様の事業利用者を通じて感染が広がったとする研究結果も報告されており、野党からは「あり得ない。首相官邸にとって都合の悪い情報が上がっていないだけなのではないか」(立憲民主党の中堅)といぶかる声が出ている。