[PR]

 札幌市の池田詩梨(ことり)ちゃん(当時2)が昨年6月に衰弱死したとされる事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の池田莉菜被告(22)の裁判員裁判は10日、札幌地裁で被告人質問があった。莉菜被告は、検察側が主張する衰弱死を否定し、改めて無罪を主張した。事件当時に同居していた男との交際について後悔を口にした。

 起訴状によると、莉菜被告は、交際相手の藤原一弥被告(26)=保護責任者遺棄致死罪などで懲役13年の実刑判決、控訴=と共謀。昨年5月15日ごろから詩梨ちゃんに必要な食事を与えず、藤原被告の暴行によるけがの治療を受けさせないで放置し、同6月5日に衰弱死させたとされる。検察側は遺体を解剖した医師の見解に基づき、詩梨ちゃんは5月31日ごろには衰弱が進み、ぐったりした状態だったと主張している。

 莉菜被告はこの日の被告人質問で、同29日の詩梨ちゃんの様子について「食器棚の引き出しの茶葉をばらまくいたずらをしていた」と述べ、元気だったと訴えた。

 莉菜被告の主張によると、29日の昼過ぎ、藤原被告に「(詩梨ちゃんが)キッチンの周りをぐちゃぐちゃにしている」と起こされた。台所の床や食器棚にほうじ茶の茶葉がばらまかれ、詩梨ちゃんが棚の前に座っていた。その日のうちに「娘がキッチンをぐちゃぐちゃにした」などとSNSに投稿したという。

男との交際「間違い」

 さらに莉菜被告は、昨年6月1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら