[PR]

 生後間もない乳児の遺体が東京都内の公園に埋められていた事件で、警視庁は11日、母親の無職北井小由里(さゆり)容疑者(23)=神戸市西区押部谷町和田=を殺人容疑で再逮捕し、発表した。当時は大学4年で、調べに対し、「資金面に余裕がなく、赤ちゃんがいると就職活動に影響が出ると思った」などと供述しているという。

 捜査1課によると、北井容疑者は昨年11月3日午後4時ごろ、羽田空港(東京都大田区)のトイレで産んだ女児の口にトイレットペーパーを詰めたうえ、首を絞めて殺害した疑いがある。死因は窒息死だった。就職活動のため、空路で神戸空港(神戸市中央区)から羽田空港に移動し、着陸後に女児を産んだという。

 警視庁は女児の遺体を東京都港区の公園の土中に埋めたとして、今月1日、北井容疑者を死体遺棄容疑で逮捕していた。殺害後、手提げ袋に入れて公園まで運んだという。