[PR]

 東京都内で11日、新型コロナウイルスの感染者が新たに317人確認されたことがわかった。1日の感染者数が300人を超えるのは8月20日(339人)以来、約3カ月ぶりとなる。また、都は新たに80~90代の男女3人がなくなったことも明らかにした。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都基準の重症者数は、前日から5人増えて38人だった。

 感染者317人を年代別に見ると、30代68人、20代61人、40代58人、50代43人と続いた。65歳以上の高齢者は40人だった。

 都によると、317人のうち無症状者が104人で、数を把握している7月中旬以降では過去最多になったという。小池百合子知事は報道陣に対し、「積極的に検査を受けた結果であって、自費による検査を受ける方が最近増えている」との見解を示した上で、「年末年始に向けて色んな集まる機会もあろうかと思う。そこで感染の拡大がリスクとなる可能性があるので改めて『防ごう重症化 守ろう高齢者』を軸に、ぜひ意識した行動をお願いしたい」と語った。