[PR]

 第一線で活躍するアーティスト4人が新ユニット「unit(ユニット) 4/4(カトルカール)」を立ち上げた。多様なアプローチで音楽を届ける公演「伊左治(いさじ)直(すなお)×F・プーランク」が、神戸で開かれる。

 集まったのは、作曲家の伊左治直、碇山典子(ピアノ)、太田真紀(ソプラノ)、新美桂子(作詞・朗読)。一部のメンバーの共演を機に結成した。

 最初の公演は、4人にゆかりのある神戸と横浜で行う。神戸会場は、酒蔵を改装した「酒心館ホール」。肩ひじを張らずに気軽に楽しんでほしい、という思いを込めた。

 プログラムは全10曲。佐治敬三賞を受賞した伊左治は、神戸と横浜、メンバーの個性に着想を得た新曲「港町パ・ド・ドゥ」を含む6曲を披露する。プーランクの曲では、仏語の歌詞を楽しんでもらおうと、碇山の訳した詩を新美が演奏前に朗読する。音楽劇でも活躍する太田の演出も盛り込む予定。

 19日午後7時開演。一般3千円、学生2500円(当日券は各500円追加)。問い合わせはメール(pboxx@pierota.co.jp)。(富岡万葉)