[PR]

 愛知県内で新型コロナウイルス感染者が再び急増していた7~8月、入院が必要な感染者がすぐには入院できない事態が相次いだ。名古屋市では呼吸不全のある患者でさえ13人が入院待ちとなった。病床は「確保」されていたはずなのに背景に何があったのか。

拡大する写真・図版新型コロナウイルス感染者が入院する病床=名古屋市内の医療機関提供

 「死にそうな人をどうして入院させてくれないんですか! 何とかして」

 8月上旬。名古屋市では、感染者が入院する受け入れ病院との連絡調整を担う市職員が、市保健センター職員から電話で強く責められていた。

 この日、感染がわかった40代男性が呼吸困難の状態となり、帰国者・接触者外来で「本日中の入院が必要」と診断された。管轄の保健センターから連絡を受けた市は、市内の病院に受け入れを要請したがすべて断られた。

 市外の病院への入院要請は県に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。